校友・付属校ニュース  2014年11月25日 17:04

■佐野日大学園 H字型新1号棟完成 記念講演には茂木健一郎氏

 佐野日本大学学園が創立50周年を迎え、10月18日に「プラザ40」で記念式典が開かれた。

 また、50周年記念事業の一環として昨年10月に着工した「新1号棟」のしゅん工式が10月15日に行われた。
 式典には田中英壽理事長、大塚?兵衛学長をはじめ関係者約300人が出席。佐野日本大学学園の浦田奨理事長は式辞で「多くの方々のおかげで現在の近代的な校舎や教育システムを実現することができた。これからも、人材育成の場として学園を発展させていきたい」と述べた。
 式典前に脳科学者茂木健一郎氏による記念講演「脳と挑戦―人の無限の可能性を活かすために必要なこと」が行われ、生徒や保護者ら約860人が聴講した。
 「新1号棟」は鉄筋コンクリート造地上4階建てで、延べ床面積は5719・72平方メートル。建物はH字型で、校舎内に光回線を巡らせ、敷地内のどこからでもタブレット端末で教室内に映像を映し出せるシステムを導入した。情報通信技術を活用した授業を可能にするため、各教室にはWiFi機器が備え付けられた。

 
佐日●.jpg
          浦田理事長は学園の発展について述べた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.