総合ニュース  2014年09月30日 19:46

■司法試験 法科大学院から22人合格 昨年より13人増加

 法務省は9月9日、2014年の司法試験の合格者を発表した。

 本学法科大学院からは199人が受験し22人が合格(合格率11・06%)。内訳は既修者コース8人、未修者コース14人。合格者は昨年より13人増え、2年ぶりに20人を超えた。
 このほか、法学部によると法学部在学中の昨年に予備試験に合格した1人が合格。また、本紙に入った連絡によると、8年前に文理学部体育学科を卒業した1人が合格した。
 大学別合格者は1位早稲田大172人(同35・17%)、2位中央大164人(同34・53%)、3位東京大158人(同51・97%)。本学は74校中18位で、昨年の37位から大きく順位を上げた。
 受験者総数は8015人で、合格者は1810人(同22・58%)。合格者が2000人を下回ったのは06年以来。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.