スポーツニュース  2014年09月30日 17:31

■柔道 90㌔級向が初王者 世界ジュニア選手権出場へ

 柔道の全日本ジュニア体重別選手権が9月13、14日に埼玉県上尾市の県立武道館で行われ、男子90㌔級で向翔一郎(法1=富山・高岡第一高)が優勝、同100㌔超級の佐藤和哉(同=静岡学園高)と女子78㌔超級の滝川真央(同=静岡・富士市立高)が3位に入賞した。

 向は、10月22日から米フロリダ州で開催される世界ジュニア選手権の日本代表に選出された。
 準決勝で優勢勝ちした向は、決勝で具志堅一弘(天理大2)と対戦。開始2分半で足技による技ありを奪い、優勢勝ちで初優勝を飾った。
 向は「練習の成果が出た。世界ジュニアでも優勝を狙う」と語った。
柔道1.jpg
   決勝で優勢勝ちした向

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.