スポーツニュース  2014年09月30日 15:53

■重量挙げ ジュニア日本記録を更新 多田105㌔級で頂点

 重量挙げの東日本学生個人選手権が9月13日から15日まで生物資源科学部体育館で行われ、男子105㌔級の多田佳弘(文理2=香川・多度津高)がクリーン&ジャークでジュニア日本新記録を樹立し、連覇を達成。

 多田はスナッチ1回目で133㌔、2回目に138㌔を成功。ジャークでは2回目に自身の持つジュニア日本記録を2㌔更新する196㌔を上げた。3回目には200㌔を軽々と成させ、トータル338㌔でまとめた。
 多田は「緊張せずに臨めたが、6本成功できなかったのが悔しい」と話した。

重量挙げ.jpg
 ジャークの3回目で200㌔を上げた多田

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.