サークルニュース  2014年09月30日 15:14

■鳥人間コンテスト 理工出場予定も 荒天のため中止

 理工学部の航空研究会(中村圭佑主将=航空宇宙工3)と生産工学部の津田沼航空研究会(鈴木健志主将=機械工3)が、7月26、27日に琵琶湖畔(滋賀県彦根市)で行われた鳥人間コンテスト(読売テレビ主催)に出場した。

 航空研は、27日の人力プロペラ機ディスタンス部門に出場予定だったが悪天候のため挑戦を断念。その後、競技自体も中止になった。中村主将は「今大会のために準備を重ねてきた。丹精を込めて作った機体を飛ばすことができず悔しい」と語った。
 津田沼航空研は26日の滑空機部門に出場したが、滑空直後に着水。記録は66・50㍍で13位に終わった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.