校友・付属校ニュース  2014年09月30日 14:35

■札幌日大高高校総文祭 三浦綾子の「母」を朗読 布施さんに優秀賞  

 第38回全国高等学校総合文化祭の放送部門が7月30日、31日に茨城県日立市で行われ、朗読の部で札幌日大高の布施恵海さん(3)が優秀賞を受賞した。

 朗読の部には全国から144人が参加。AからHの8ブロックに分けられ、各地域にゆかりのある小説などの一部を朗読した。優秀賞は各ブロック1人ずつ計8人が受賞した。
 布施さんが選んだのは、三浦綾子の小説「母」。戦前、治安維持法違反で逮捕され拷問の末に殺された、プロレタリア作家小林多喜二の母親を描いた作品だ。布施さんは、母親が死んだ息子を思って詩をよむシーンを朗読、たどたどしい秋田弁で語る母の悲嘆を表現した。布施さんは「周りの支えがあっての受賞。応援してくれた人に感謝したい」と話した。
 布施さんは、同月21日から24日まで東京都渋谷区のNHKホールなどで行われた第61回NHK杯全国高校放送コンテストの朗読部門にも出場、芥川龍之介の小説「偸盗」を朗読し、入選を果たした。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.