校友・付属校ニュース  2014年09月30日 14:11

■全国高校野球 大垣日大8点差逆転 1997年以来のタイ記録

 夏の甲子園に出場した大垣日大高は、2回戦で今大会準優勝の三重高に2―4で惜敗。

 鶴ケ丘高は初戦で富山商高に0―2で敗れた。
 大垣日大は初戦で藤代高(茨城)と対戦。最大8点差をひっくり返し、12―10で勝利した。8点差の逆転は1997年の市立船橋高(千葉)以来の大会タイ記録。この試合で阪口慶三監督(70)は歴代7位タイの37勝を挙げた。2回戦は初回の3失点が響き、エース高田航生(3)の救援も実らなかった。
 鶴ケ丘は富山商のエース森田駿哉(3)の好投にあと一本が出なかった。

甲子園hp.jpg
              大垣日大が大逆転で初戦を突破     

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.