総合ニュース  2014年08月22日 19:51

■通信教育 猛暑の中2436人集う ことしは131講座開講 校舎は9月から市ケ谷へ

 通信教育部の夏期スクーリングが8月2日から東京・水道橋の三崎町校舎で始まった。18日までの17日間に2436人(7月28日現在)が受講する。夏期スクーリングは3日で1科目を学ぶ短期集中型。初日、東京地方は最高気温35度を超す猛暑日となったが、学生たちは教師の言葉を聞き逃すまいと、真剣な表情で講義に臨んだ。(4面に関連記事)

 ことしは131講座が開講。授業は通信教育部1号館や法学部10号館のほか、体育実技など一部は文理学部で行う。開講式は行われなかった。
 学友会(川井徹哉会長=法・法律4)を中心に実施される集夏祭のテーマは「Step0004!」。スクーリングを通じて知識や交友関係のステップアップを目指す、という思いを込めた。今回は6、9、13、16の4日間開催され、9日には交友関係を全国に広げようと、通教生100人を集め大懇親会を行う。13日には通信教育部1号館401講堂で、外資系証券会社に勤める北山公一さんを講師に招き、国際的なビジネスの場でのコミュニケーションについて講演会を開く。
 通信教育部は9月から東京・市ケ谷に建設中の新校舎へ移転する。同部事務局では案内パンフレットを作成するなど学生への周知に努めた。新校舎は地上8階建てで、これまで三つの校舎に分かれていた事務局や講堂などを一カ所に集約する。8月25日に竣工(しゅんこう)式を行い、9月8日から使用する。

 特待生決まる
 2014年度の通信教育部特待生が決まった。
 内訳は次の通り(敬称略)
 ▼甲種 野村淑江(文理・文〈英文〉3)
 ▼乙種 好本陽子(法・法律3) 寺尾元朗(法・政治経済3) 石鳥彩(文理・文〈国文〉4) 福本美惠子(同・文〈英文〉3) 原田稜子(同・哲3)高山邦夫(同・史3) 松村英一郎(経済・経済2) 小寺麻依子(商・商業2)
 ▼奨学生 松尾拳成(法・政治経済3) 田村姫乃(文理・文〈国文〉4) 藤原忍(同・史2) 五味航(経済・経済4) 松田祐太郎(同3)
 ▼坂東奨学生 佐々木忠孝(同)
 
 夏期スクーリング初日から教室は学ぶ意欲にあふれた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.