総合ニュース  2014年08月22日 19:45

■商、生物資源科に新校舎 藤沢小学校で竣工式

 本学初の付属小学校となる日本大学藤沢小学校の校舎と商学部の新本館、生物資源科学部の60周年記念高層棟が完成、7月に相次いで記念の式典が催された。

 付属藤沢小の竣工(しゅんこう)式には141人が参加し、田中英壽理事長、大塚?兵衛学長らによるテープカットが行われた。同小は広大な湘南キャンパス内にある緑豊かな自然と生物資源科学部の農場、演習林などを活用する体験学習により、理科・環境教育を重視した教育を目指す。校舎は地上3階建てで、体育館を含む校舎延べ床面積は7219・38平方㍍。教室前にはゆったりとしたスペースを設け、学習や交流の場として使用する。
 商学部の新本館は地上6階地下1階建ての鉄筋コンクリート造で延べ床面積は10035・57平方㍍。2007年から行われていた砧キャンパス整備事業は新本館竣工により終了した。
 生物資源科学部の60周年記念高層棟は地上5階地下1階建ての鉄筋コンクリート造で延べ床面積は15128・57平方㍍。学部創設60周年事業の一環で、工事が完了するのは16年春の予定。

しゅん工まとめP.JPG

              広大な湘南キャンパスに設けられた小学校校舎

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.