スポーツニュース  2014年07月22日 17:24

■競泳 男子200自で小堀3位 女子50バタ山根も3位入賞

 競泳のジャパンオープンが6月19日から22日まで東京都江東区の辰巳国際水泳場で行われ、男子200㍍自由形の小堀勇気(法3=金沢高)と女子50㍍バタフライの山根優衣(文理2・セントラルスポーツ=神奈川・湘南工大付高)がいずれも3位に入った。

 小堀は初日の男子100㍍自由形は予選落ち。翌日の同200㍍自由形決勝では、序盤から積極的に飛ばして坂田怜央(イトマン近大=近大1)に続き50㍍を折り返した。後半は坂田と松田丈志(セガサミー)の接戦となり、小堀はトップ松田から1秒遅れのゴール。
 この結果、押切雄大(法3=日大高)が平泳ぎでパンパシフィック選手権代表に、吉田惇哉(付属豊山高1)が自由形でジュニアパンパシフィック選手権代表に選出された。

 【本学勢の結果】
 ▽男子100㍍平泳ぎ ④押切 ▽同200㍍平泳ぎ ④押切 ▽女子50㍍自由形 ⑤山根 ▽同100㍍自由形 ⑤山根

●DSC_0799.JPG

               パンパシフィック選手権で期待の小堀(右)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.