校友・付属校ニュース  2014年07月22日 16:45

■高塚、岡が世界へ レスリング 全日本選抜 本学勢が2階級制す 86㌔級松本ら3人が準優勝

 レスリングの全日本選抜選手権が6月14、15日に東京都渋谷区の代々木第二体育館で行われた。

 男子フリースタイル61㌔級の高塚紀行(29歳、2008年文理卒=自衛隊体育学校)と同125㌔級の岡倫之(商4・ブシロード=埼玉・花咲徳栄高)が優勝を果たした。同86㌔級の松本真也(30歳、07年文理卒=警視庁)と女子60㌔級の村田夏南子(文理3=東京・安部学院高)、同75㌔級の阿部梨乃(法2=同)は準優勝だった。
 高塚は決勝で、鴨居正和(山梨学院大4)を4―1で下し、6年ぶりの優勝に輝いた。9月に韓国で行われるアジア大会の代表に選ばれた。
 岡は決勝で昨年の全日本選手権王者、荒木田進謙(警視庁)と対戦し、2―1で接戦を制した。岡は9月にウズベキスタンで行われる世界選手権の出場が決まった。アジア大会の代表を決めるプレーオフでは荒木田に敗れた。
 高塚の話 今までやってきたことが実を結んだ。世界で金メダルを取って帰りたい。
 岡の話 企業の名を背負って戦うことはプレッシャーだったが、勝てて良かった。プレーオフで負けた荒木田には次で雪辱したい。

●52.JPG

          6年ぶりに優勝を決めた高塚

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.