スポーツニュース  2014年06月23日 15:07

■自転車 アジア選手権 団体追い抜き日本新 近谷、窪木4位入賞果たす

 自転車のアジア選手権が5月22日から6月1日までカザフスタンのアスタナなどで行われた。

 日本代表(4人)として男子4000㍍団体追い抜きに出場した近谷涼(経済4=富山・氷見高)と窪木一茂(25歳、2012年文理卒=和歌山県庁)が4分10秒278の日本新記録で4位入賞を果たした。
 予選で日本記録を出した日本代表は3、4位決定戦で前大会優勝の韓国と対戦。日本は予選を上回るタイムをたたき出したが一歩及ばなかった。
 近谷と窪木は個人戦にも出場。近谷は同4000㍍個人追い抜きで、窪木は同ポイントレースでともに6位。同ロードレースの西谷泰治(33歳、03年文理卒=愛三工業レーシング)は8位、盛一大(31歳、05年商卒=同)は27位。

 近谷の話 世界との差はあるが、今回の経験を生かして成長したい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.