スポーツニュース  2014年06月23日 15:03

■レスリング アジアジュニア 決勝で世界Jr.王者を破る 女子59㌔級坂野V

 レスリングのアジアジュニア選手権が6月5日から8日までモンゴルのウランバートルで行われ、女子59㌔級でレスリング部の坂野結衣(文理2=東京・安部学院高)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。

 昨年2月に行われたクリッパン女子国際大会(スウェーデン・クリッパン)以来の海外大会で、坂野は準決勝でカザフスタン代表をテクニカルフォールで下した。決勝は昨年の世界ジュニア選手権王者のモンゴル代表と対戦し、試合開始直後にポイントを先取。終盤には同点に追い付かれたが、残り1分でポイントを追加し6―5で接戦を制した。
 坂野は「久しぶりの国際大会で勝ててうれしい。この経験を糧に国内での優勝を目指したい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.