スポーツニュース  2014年06月23日 14:41

■卓球 春季リーグ 女子1部昇格 佐野が殊勲賞

 卓球の関東学生春季1・2部リーグが5月13日から19日まで埼玉県の所沢市民体育館などで行われ、2部の女子は5戦全勝で1部昇格を決めた。

 優勝に最も貢献した選手に贈られる殊勲賞には佐野萌子(法4=横浜隼人高)が選ばれた。2勝5敗で7位に終わった1部男子は、入れ替え戦で日体大を4―2で下し、1部残留となった。
 女子は最終戦で国学院大と対戦。第1シングルスを宮内玲菜(商2=愛媛・済美高)が制し、第2シングルスは市川志穂(同3=愛知・名経大高蔵高)がストレート勝ち。第1ダブルスは佐野・黄佳陽(同4=熊本・慶誠高)組が2―3で敗れたが、第3シングルス、第2ダブルスを勝ち取って、優勝を決めた。佐野主将は「チームが昇格という目標に向かって一丸になれた。1部は強豪ぞろい。技術面だけでなく精神面も鍛えたい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.