サークルニュース  2014年06月23日 14:34

■トライアスロン 日本学生スプリング 福田が連覇果たす 学生選手権に向けて弾み

 トライアスロンの日本学生スプリング選手権が5月18日、群馬県板倉町の渡良瀬遊水地で行われ、トライアスロンサークル、ウルトラ(中島健太主将=商・商業3)所属の福田慶(文理・体育4)が女子個人で連覇を果たした。

 男子個人は高橋大貴(商・商業4)の7位が最高。各チーム上位3人の合計タイムで争った団体戦は女子が7時間16分58秒で2位、男子が6時間8分3秒で4位だった。
 大会はスイム1・5㌔、バイク40㌔、ラン10㌔で行われた。福田はスイムで2位につけ、ランに向けての余力を残しながら臨んだバイクでトップタイムを記録して首位に浮上。最後のランでは後続との差を広げ、トップでゴールテープを切った。試合後には「リズムを崩さずに走れた」と振り返る余裕を見せた。タイムは2時間13分21秒だった。
 福田は「3種目とも1位を目指したが達成できず残念だった。9月に行われる日本学生選手権は個人と団体での優勝を目指したい。10月の日本選手権ではトップ10入りを目標にこれからも練習に取り組んでいく」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.