サークルニュース  2014年06月23日 14:26

■英語弁論大会 文理の屠さん優勝 伝統中国医学の可能性語る

 英語研究会(長谷川創太委員長=生産工・数理情報工3)主催の第45回日本大学英語弁論大会が6月7日に日本大学会館601会議室で開かれ、屠雯(と・もん)さん(文理・中国語中国文化3)が優勝した。

 2位は堀之内愛さん(国際関係・国際教養2)、3位は菱沼譲さん(経済・経済3)だった。大会には国際関係、理工、生産工など6学部から12人が出場した。
 屠さんは「Understanding TCM through Modern Eyes」と題して、中国の伝統的な医療についてスピーチし「現代医学と伝統中国医学を組み合わせることで医学に新たな可能性が生まれるはずだ」と訴えた。屠さんは「数カ月前から考えてきた内容は誰にも負けていない自信がある。スピーチでは聴衆に訴えかける工夫が足りなかった」と話した。

●○3.JPG

          屠さんは表情豊かに話した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.