校友・付属校ニュース  2014年06月23日 14:18

■陸上 アジア大会 本学勢5人が代表に 沢野は2大会ぶり優勝狙う

 9月に韓国・仁川で行われるアジア夏季競技大会の陸上の日本代表が6月9日に発表され、本学勢5人が選ばれた。

 日本陸連が定めた派遣設定記録Bの5㍍61を突破した男子棒高跳びの沢野大地(33歳、2003年文理卒=富士通)は2回目の出場。同やり投げの村上幸史(34歳、02年同卒=スズキ浜松AC)は4大会連続の選出で、連覇を目指す。
 同短距離の藤光謙司(28歳、09年文理卒=ゼンリン)と同競歩の谷井孝行(31歳、05年同卒=自衛隊体育学校)はいずれも初の代表選手。5月のゴールデングランプリ東京で日本記録を出した同中距離の川元奨(文理4=長野・北佐久農高)は強化育成部推薦で代表に入った。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.