学術ニュース  2014年06月23日 13:43

■文理 ことしから名称一新 「とびうお水泳教室」開講

 文理学部近隣の小学生らを対象とした「とびうお水泳教室」が6月14日に開講した。

 この水泳教室は1980年に始まったが、今年3月にプールの改修工事が完了したことを記念して、故古橋広之進氏(51年法卒、本学名誉教授)の愛称フジヤマのトビウオにちなんだ名前に変更した。現在、300人を超える申し込みがあり、教室は毎週月、火、金、土曜日に開かれる。
 14日には開講特別イベントとして、五輪出場経験がある柴田隆一さん(30歳、2006年文理卒)と三木二郎さん(31歳、同年経済卒)の2人を招いてトークショーなどを開催した。2人は水泳を始めたきっかけや五輪出場の思い出などを語り、その後、子どもたちに泳ぎ方を指導した。
 今回の参加者は48人。近所に住む中西悠馬くん(9)は「2人の迫力ある泳ぎを見れてよかった。自分ももっと上手に泳げるように練習したい」と話した。

●修正.jpg

                       子どもたちに泳ぎを教える柴田さん

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.