スポーツニュース  2014年05月25日 11:47

■重量挙げ 全日本学生選抜 大学新記録でV 持田16年ぶりの快挙達成

 重量挙げの全日本学生選抜大会が4月19、20の両日に埼玉県上尾市のスポーツ総合センターで行われ、男子105㌔級の持田龍之輔(文理3=山梨・吉田高)がトータル362㌔をマークし大学記録を16年ぶりに塗り替え優勝。従来の大学記録を9・5㌔上回った。

 持田はスナッチの1回目で大会記録となる155㌔を成功。2、3回目も連続で持ち上げ162㌔まで記録を伸ばした。
 195㌔に挑戦したクリーン&ジャークの1回目を難なく持ち上げると、2回目にこの種目の大学タイ記録となる200㌔を成功させた。同級の渡辺司(生物資源科4=山梨・桂高)は4位。

高い壁への挑戦 ○…重量級のエース持田が今季初戦で成長した姿を見せた。(…続きは本紙5月号へ)

DSC_4740.JPG

                持田は大学記録を大幅に更新した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.