サークルニュース  2014年04月28日 17:35

■将棋 学生選手権 小野さんが女子で準優勝 後半のミスが響く

 将棋の学生選手権が3月27日から29日まで、大阪市の関西将棋会館などで行われ、ガールズクラスに出場した本学将棋研究会(神田万聡主将=文理・数3)の小野ゆかりさん(生物資源科・海洋生物資源科4)は準優勝だった。

 ガールズクラスには小学生から大学院生までの27人が参戦した。5対局制で行われ、小野さんは4勝1敗だった。
 4連勝で迎えた最終局は、年下の強豪、中沢沙耶さん(愛知・丹羽高3)と対戦。居飛車の中沢さんに対し、四間飛車で応じた小野さんが前半のペースを握ったが、後半のミスで流れが変わり敗れた。
 小野さんは昨年12月の全日本学生将棋女流名人戦で優勝し、昨年と一昨年の女流アマ名人戦を連覇するなど関東屈指の強豪。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.