サークルニュース  2014年04月28日 17:25

■リズム・S ジャズライン初参加 お台場で初の野外ライブ

 リズム・ソサエティ・オーケストラ(山根一樹バンドマスター=文理・国文3)は4月20日、東京都江東区のお台場で行われた野外イベント「JAZZLINE2014」に参加、演奏を披露した。

 昨年まで代々木ジャズフェスティバルの名で親しまれた企画で、ことしは名称を変え、国内のジャズミュージシャンをスペシャルゲストとして招くなど、規模を拡大して開催した。全国の大学、高校、中学の78団体約700人が出演した。
 著名バンドの一つであるリズム・Sは、全員がアロハシャツを着てメーンステージでの演奏に臨んだ。まず、早いテンポのキューバンジャズ曲「Aguanile Bonko」をリズミカルな演奏で披露、聴衆を一挙に引き付けると、2曲目はゆったりとしたリズムで包み込むなど巧みな構成で全4曲を演奏し終えた。
 山根さんは「このメンバーでは初の野外ライブ。曇りがちな天気だったが、開放感がある会場で気持ちよく演奏できた。盛り上がって本当によかった」と話した。

rizumu.JPG

             巧みな演奏で聴衆を魅了

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.