校友・付属校ニュース  2014年04月03日 13:03

■全国高校スキー 札幌日大高がアベック優勝 ジャンプ佐藤3連覇

 スキーの全国高校選手権が2月5日に秋田県鹿角市の花輪スキー場などで行われ、札幌日大高がジャンプ競技でアベック優勝を果たした。

 男子スペシャルジャンプ(HS86㍍、K点78㍍)は佐藤幸椰(3)が1回目79㍍、2回目78・5㍍とK点越えを連発、総合228・8点を獲得しこの種目で大会史上初の3連覇を達成した。渡部陸太(3)は2位に入った。
 女子スペシャルジャンプ(同)は悪天候の影響で1回だけ行われ、岩佐明香(2)が92・8点で連覇した。渡邉陽(1)は92・6点で小差の2位だった。
 福島県猪苗代町で行われたアルペン男子大回転は山形高の雲野ジャスティン(2)が3位。同回転で深瀬悟志(2)が3位だった。

 佐藤の話 3連覇を意識し、プレッシャーを良いモチベーションに変えられた。今後はワールドカップに出場し、海外経験を積んで4年後の平昌五輪出場を目指したい。
 

 日本代表で活躍

 ノルディックスキーの世界ジュニア選手権が1月30日にイタリア北部に位置するバルディフィエメで行われ、ジャンプ女子団体(HS106㍍、K点95㍍)で日本は2大会ぶり2度目の優勝を果たした。岩佐は1回目に93・5㍍、2回目に92・5㍍を飛び優勝に貢献した。

 岩佐の話 初めての出場で緊張したが、楽しもうという気持ちで臨んだ。自分のジャンプができた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.