総合ニュース  2014年01月28日 15:26

■自校史学ぶ助けに 神田が発祥の4大学企画展

 本学と専修、中央、明治の4大学による企画展「近代日本の幕開けと私立法律学校―神田学生街と法典論争」が1月24日から2月28日まで、東京・神田駿河台の明治大学博物館特別展示室で開催される。

 4校は明治期に神田地区で私立法律学校として創設され、総合大学へと発展した歴史が共通する。自校史を学ぶ上で、地域の歴史を知ることが重要として、4校の大学史編纂課などが協力することになった。
 企画展では、私立学校が密集した明治期の神田地区が学生の下宿、通学、勤労の場として賑わった様子を各校の所蔵写真などで再現するほか、当時の学生数の推移についても展示する。また、明治23(1890)年公布の旧民法・商法の施行をめぐって私立学校が延期派と断行派に分かれて対立したエピソードについても紹介する。
 本学は、学祖が岩倉使節団での欧米視察から帰国した際に提出した「建白書」などを出展する。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.