スポーツニュース  2014年01月27日 20:34

■スケート 日本学生 男子2000㍍リレー5連覇 長谷川が500㍍でV2 大会新も「納得いかない」

 スケートの日本学生氷上選手権(インカレ)が1月5日から9日まで北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルなどで行われ、男子2000㍍リレーで中村健斗(文理4=長野・東海大三高)、田淵浩基(同3=北海道・白樺学園高)、後藤卓也(同1=同・帯広農高)、長谷川翼(同2=同・白樺学園高)組が、従来の記録を2秒45更新する2分21秒57の日本新記録で5連覇を達成した。

 個人では同500㍍の長谷川が2本合計71秒63(1本目35秒82、2本目35秒81)の大会新記録で連覇を達成。同種目の後藤は3位、中村は4位だった。同1000㍍では長谷川が5位、後藤が6位に入り、同1500㍍の磯賢汰(同=同・帯広農高)は5位。スピードスケート男子1部総合は2位だった。アイスホッケーは初戦敗退に終わった。

世界で結果出す ○…「納得いかない」。(…続きは本紙1,2月合併号へ)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.