スポーツニュース  2014年01月27日 20:28

■フェンシング JOC杯 山田男子エペ連覇 小栗が女子サーブル準V

 フェンシングのジュニアオリンピックカップが1月10日から13日までの4日間にわたって東京都世田谷区の駒沢公園屋内球技場で行われ、ジュニアの部(17―20歳)で山田優(文理1=三重・鳥羽高)が男子エペ種目の連覇を果たした。

 同女子サーブルでは小栗千紗絵(同=岐阜・羽島北高)が準優勝した。
 山田は順調に予選を勝ち上がり、準決勝で日体大2年の山崎大知に15―10で快勝。中大1年の水口紘希との決勝は序盤にリードを許したが、中盤で逆転。最終盤に14―14とされたものの、最後は前年王者の意地を見せた。
 山田は「多くの人に祝福され感動した。次は4月の世界大会に向け、さらに力を付けたい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.