スポーツニュース  2014年01月27日 20:22

■ラグビー 全国大学 大差をつけられ 3戦全敗で終了

 ラグビーの全国大学選手権セカンドステージは昨年12月22日に終了。

 本学ハリケーンズは3戦全敗でファイナルステージ進出はならなかった。第1戦は流通経済大に7―43、第2戦は筑波大に0―66、同志社大との最終戦は17―60だった。
 同志社大戦は前半7分に先制されたが、同11分に小谷陽平(法4=京都成章高)のトライで逆転し、前半は本学が17―13とリードして終えた。しかし、後半はトライを立て続けに決められ大量失点した。主将の高野祐史(同=東京・国学院久我山高)は「不安だった守備に後半付け込まれた。後輩たちは敗れた悔しさを糧に強くなってほしい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.