スポーツニュース  2013年12月14日 14:51

■馬術 関東学生女子 障害飛越個人で表彰台独占 団体総合で8連覇

 馬術の関東学生女子競技大会が11月30日、12月1日に東京都世田谷区の馬事公苑で行われ、本学は馬場馬術団体、障害飛越団体で優勝、2種目総合で8連覇を果たした。

 馬場馬術個人では竹内千夏(商2=東京・関東国際高)が優勝、伊藤茉里(生物資源科2=土浦日大中教校)が3位に入った。障害飛越個人では森彩香(同1=茨城・取手二高)が1位、伊藤が2位、伊藤さら(同1=京都・光華高)が3位と表彰台を独占した。
 1年生ながら、優勝を果たした森は「馬場馬術では納得のいく演技ができなかったので障害飛越に全力を注いだ。自分の出せる力は全部出せたと思うが、まだうまくなれる。もっと上を目指して練習に励みたい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.