スポーツニュース  2013年11月27日 18:11

■ゴルフ 信夫杯 2位東北福祉大に6打差 男子が16年ぶり栄冠

 ゴルフの信夫杯争奪日本大学対抗戦と日本女子大学対抗戦が、10月31日と11月1日に千葉県野田市の千葉カントリークラブ梅郷コース(男子7083ヤード、パー72、女子6245ヤード、パー72)で行われ、本学男子は1997年以来16年ぶり33度目の優勝を果たした。

 信夫杯は、男女とも各大学5人が出場し上位4人のストローク数の合計を競う。男子は初日に松原大輔(国際関係1=宮崎・日章学園高)が3アンダーの好スコアを出すなどトータル284で首位発進。2日目も堀川未来夢(同3=神奈川・厚木北高)と吉田心(同2=高知・明徳義塾高)の2人が2アンダーで終えるなどトータル285にまとめた。2日間の合計は569で、2位の東北福祉大に6打差で14大会ぶりの栄冠を手にした。
 一方、6大会ぶりの優勝を狙った女子は、初日にトータル307の4位発進と出遅れた。逆転を狙った2日目も首位の東北福祉大との差を詰められず、2日間の合計は610で13打差の準優勝に終わった。

 和田光司監督の話 男子は吉田や松原ら若手選手が好調で、課題だった体力不足を克服できたことが勝利につながった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.