スポーツニュース  2013年11月27日 17:55

■相撲 全国学生 団体優勝はならず 個人戦で木崎が3位入賞

 相撲の全国学生選手権が11月2、3の両日に大阪府堺市の大浜公園相撲場で行われ、本学は団体準決勝で東洋大に敗れ3位だった。

 個人戦では木崎信志(経済2=鳥取城北高)が3位に入賞した。
 団体の予選を3戦全勝で通過した本学は、決勝トーナメント初戦で日体大と対戦。大将戦にまでもつれ込む苦戦の末に3―2で勝ち上がった。
 東洋大との準決勝は、先ぽうの川端翔伍(同4=金沢学院東高)が押し出しで勝利。二陣のトゥルボルド・バーサンスレン(文理1=鳥取城北高)は寄り切りで敗れたが、中堅の工藤豪人(同4=青森・木造高)が押し倒して王手をかけた。副将の木崎が押し出されて大将戦となったが、大将の坂元元規(商3=鹿児島商高)は突き落としで惜敗した。

 工藤の話 自分たちの実力なら、十分に優勝が狙えただけに、悔しい。あとは後輩に夢を託したい。

相撲P.JPG

          工藤(右)は安定感のある相撲をとった

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.