校友・付属校ニュース  2013年11月27日 17:25

■バレー、バスケなど3競技 付属2校が全国へ

 バレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)の茨城県予選は10月26、27の両日にひたちなか市総合体育館で行われ、土浦日大高が12年ぶりのアベック優勝を果たした。

 男子は6連覇を狙う強豪の霞ケ浦高を3―1で破り6年ぶりの栄冠を手にした。女子は大成女子高を3―0のストレートで下し、6年連続の出場を決めた。
 春高バレーは来年1月5日から12日まで東京都渋谷区の東京体育館で行われる。
 バスケットボールの全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)の茨城県予選は10月25日から27日まで、土浦市の霞ケ浦文化体育会館などで行われ、土浦日大高男子が優勝。昨年に引き続き、全国への切符をつかんだ。全試合で35点以上差をつける圧勝だった。
 ウインターカップは12月23日から29日まで東京体育館で行われる。
 全国高校駅伝競走大会(高校駅伝)の栃木県予選は11月2日に佐野市運動公園陸上競技場を発着点として行われ、男子は佐野日大高が優勝、2年ぶりの全国大会出場を決めた。高校駅伝は12月22日に京都市の西京極総合運動公園陸上競技場付設マラソンコースで行われる。

バレー.JPG

      土浦日大高は男女とも春高バレーに出場する

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.