学術ニュース  2013年11月27日 16:45

■生物資源科 「貝の世界」展開く 地元の古代貝化石も紹介

 生物資源科学部は11月1日から12月14日まで、同学部博物館で企画展「貝の世界―軟体動物入門」を開催している。

 貝は世界中に10万種類以上生息し、深海から陸上の山地まで、さまざまな環境に適応している。企画展では身近に見られる貝や地元藤沢市で発掘された古代貝の化石なども紹介。同学部の小糸智子助手が取り組んでいる「海底温泉に暮らす生物」の研究内容などもパネル展示された。
 11月9日には企画展の一環で同学部の奥谷喬司元教授(82)が「奈落の底―深海に棲む貝類」と題して講演。また、同学部の中井静子助手が「貝ウオッチング入門」というテーマで講演した。

博物館.JPG

             標本を熱心に見る来場者

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.