総合ニュース  2013年10月09日 16:54

■法 校友会120周年記念式典 天野氏が特別講演

 法学部校友会は9月14日、日本大学会館大講堂で創設120周年記念式典を開いた。

 約270人が出席した。
 式は中村克夫同学部校友会会長(1974年卒)の式辞で始まり、田中英壽理事長、大塚吉兵衛学長、杉本稔法学部長らが祝辞を述べた。この後、記念事業として本学の創立130周年記念事業への寄付金を贈ることや、司法試験の受験者向けに新たな奨学金制度を設けることなどが報告された。
 式典後、本学医学部出身で順天堂大医学部教授の天野篤氏(83年卒)が「心臓外科医として 医師として 日本大学OBとして」と題して特別講演を行った。
 天野氏は、患者にとって良い手術とは「早く、安く、うまく」の三つがそろうことだと述べ、患者が手術について十分理解できるように話し合うことが大切だと語った。参加者はこの後、アルカディア市ケ谷で祝賀会に臨んだ。

教授.JPG

          祝賀会での天野氏

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.