スポーツニュース  2013年10月07日 19:49

■競泳 日本学生 小堀が200自V2 男子団体は3位に終わる

 競泳の日本学生選手権(インカレ)が9月6日から8日まで、広島市の総合屋内プールで行われた。

 本学は男子200㍍自由形の小堀勇気(法2=金沢高)が連覇を達成。6年ぶりの男子団体総合優勝を目指した本学は、初日を2位で終えトップの中京大を追う展開となった。最終日まで差は縮まず、中京大がそのまま逃げ切り本学は3位に終わった。
 男子は200㍍平泳ぎの高橋幸大(文理4=東京・付属豊山高)、400㍍リレーが2位、800㍍リレーが3位。女子は50㍍自由形の田辺詔子(経済2=東京・墨田川高)が2位、200㍍個人メドレーの寺村美穂(文理1=千葉商大高)が3位、400㍍リレーと同メドレーリレーも3位だった。団体総合は8位。

ラスト50㍍からの逆襲 ○…歴史はうたう日大の伝統輝く水の覇者―。(…続きは本紙9月号へ)

小堀.JPG

              小堀は驚異のスパートを見せた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.