スポーツニュース  2013年10月05日 14:25

■剣道関東学生優勝 男子団体3位入賞 全日本学生の出場決める

 剣道の関東学生優勝大会が9月8日に東京・九段の日本武道館で行われ、本学は男子団体で3位に入賞し11月の全日本学生優勝大会への出場を決めた。

 準々決勝で早大を4―2で下した本学は、法大との準決勝で先鋒(せんぽう)の小野原巧朗(法3=長崎・島原高)が小手を取られ1本負けした後、五将の島田理央(文理4=千葉・安房高)が面で1本勝ちし2―2の同点へ持ち込んだ。しかし、代表戦で五十嵐誉(商3=新潟商高)が面を取られ2―3で敗れた。

 久保木優監督の話 法大には実力で引けをとらなかった。全日本学生でどこまで上がれるか楽しみ。

剣道.JPG

             小野原(右)は善戦したが一本負け

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.