校友・付属校ニュース  2013年08月26日 10:53

■高校野球 大垣、8日に開幕試合 山形と日大三は初戦で激突

 夏の甲子園に付属山形高、日大三高、大垣日大高の3校が出場を決めた。

 付属東北高、長崎日大高、札幌日大高は準優勝、佐野日大高はベスト4だった。
 日大三は決勝までの5試合を全てコールドで勝ち上がった。7月28日の都立日野高との決勝では初回に4番佐々木優(3)の適時二塁打で先制。三回に5番太田和輝(3)、6番五十嵐将大(3)の連続適時打などで3点を追加し、九回には主将の森龍馬(3)の犠飛で駄目を押した。先発のエース大場遼太郎(3)は2安打完封。西東京大会の6試合で75得点を上げた強力打線と抜群の安定感を誇るエース大場を擁し、2年ぶりの夏制覇に挑む。
 付属山形は準々決勝で鶴岡東高を7-3、準決勝で酒田南高を8-5で下した。26日の米沢中央高との決勝では二回に1点を先制。三回に3番の峯田隼之介(3)の2点本塁打などでリードを広げ、7-3で勝利、昨夏準優勝の雪辱を果たした。
 大垣日大は準決勝で県立岐阜商高を5-1で下した。26日の市立岐阜商高との決勝では序盤の4点リードを追い付かれた後、六回に橋本侑樹(1)の適時二塁打で勝ち越し、7回にも1点を追加。7-4で勝利した。
 大垣日大は開幕試合で佐賀代表の有田工高と、付属山形は8月13日に日大三と対戦する。

2013 8 甲子園P.JPG

                     決勝で好投した日大三の大場

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.