スポーツニュース  2013年07月23日 14:15

■バドミントン 関東学生 東野が同門対決制す 決勝で小高に大差の勝利

 バドミントンの関東学生選手権が6月3日から7月7日まで、東京都葛飾区の総合スポーツセンターなどで行われた。

 男子シングルスの東野圭悟(法4=東大阪大柏原高)が、決勝で小高拓也(同3=同)との同門対決を制し優勝した。
 同種目の山口容正(同3=富山・高岡第一高)、女子シングルスの岡田奏世(同3=神奈川・鵠沼高)、同ダブルスの山本架奈子(同4=東京・関東一高)、岡田組は、それぞれベスト8に入った。
 東野は決勝までの6試合全てを2-0のストレートで勝ち上がった。決勝は第1ゲームを16-21で落としたが、第2、3ゲームでは21-12、21-8と大差をつけて優勝を決めた。

2013 7バド.JPG

         東野は盤石の試合運びで頂点に立った

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.