スポーツニュース  2013年05月28日 19:25

■相撲 3大会とも団体3位 個人は工藤と川端が準優勝

 相撲の全国規模の3大会が4月末から5月上旬にかけて相次いで開催され、本学はいずれも団体3位だった。

 4月29日に愛媛県宇和島市で行われた全日本大学宇和島大会では団体戦決勝トーナメント1回戦で東農大に4―1で勝利したが、準決勝で日体大に2-3で敗れた。個人戦決勝では川端翔伍(経済4=金沢学院東高)が日体大の中村大輝(3)に突き落としで敗れ、準優勝だった。
 5月3日に大分県宇佐市で行われた全国大学選抜宇佐大会では、団体戦準決勝でまたも日体大に2-3で惜敗。3位決定戦では近大に5―0で勝利した。個人戦の3位決定戦では川端が西郷智博(同=鳥取城北高)との同門対決を制し3位に入賞した。
 5月5日に福岡市で行われた全国選抜大学・社会人対抗九州大会では、団体戦準決勝で東洋大に敗れた。個人戦では、主将の工藤豪人(同=青森・木造高)が準優勝、元杉考志(経済3=熊本・文徳高)が3位だった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.