総合ニュース  2013年04月25日 17:57

■2013年度入学式 快晴の下、笑顔満開 もゆる若葉1万8千人出迎え

 2013年度入学式が4月8日、東京・九段の日本武道館で行われた。前日までの荒天がうそのように晴れ渡った青空の下、緑に輝く若葉の下をくぐり、約1万8000人の新入生が本学に仲間入りした。

  大塚吉兵衛学長は告辞で「高い志と初心を忘れることなく、強い意志を持って力強く前に進んでほしい」と述べ、大学4年間での飛躍に期待した。田中英壽理事長は式辞で「玉磨かざれば光なし」という言葉を挙げ、努力しなければ才能を開花させることはできないと諭した。
 祝辞を述べたのは世界的に著名なロボットデザイナー松井龍哉さん(1991年芸術卒)。松井さんは「『私の世界』と『世界の私』という言葉を胸に刻んでほしい」と話し、大学の4年間で専門を極め自分自身の世界を作る大切さを説いた。
 式は3回に分けて行われ、第1部では安川健幸さん(芸術・演劇)、第2部では佐藤江梨奈さん(法・法律)、第3部では菊地映美さん(工・情報工)がそれぞれ新入生を代表して宣誓した。
 第1部は文理、経済、芸術、医、薬の5学部、通信教育部、大学院8研究科、第2部は法、生産工、歯、松戸歯、生物資源科の5学部、大学院8研究科、短期大学部(生物資源科)、第3部は商、国際関係、理工、工の4学部、大学院4研究科、短期大学部(ビジネス教養、食物栄養、建築・生活デザイン、ものづくり・サイエンス総合、生命・物質化)、同部専攻科の学生が出席した。

新入生から

 警察官の父に憧れていました。公務員になるために必要なことを勉強し、将来は警察関係の職に就きたいです。
 古橋 美佳さん(法・公共政策) 
応援リーダー部に入ります。野球やアメフットなどの応援が楽しみです。選手に笑顔を届けたいと思います。
 赤松 利恵さん(芸術・放送) 
東日本大震災で家屋が倒壊する映像を見て、天災に負けない家を造りたいと思いました。1級建築士を目指します。
 栄井 佑介さん(生産工・建築)
もうすぐ授業が始まるのでわくわくしています。しっかり勉強して一人前の歯科医になりたいです。
 中村 大志さん(松戸歯・歯) 
幼いころからイルカなど海の生き物が好きでした。海洋生物学を研究し、将来は研究者になりたいです。
 野沢 颯さん(生物資源科・海洋生物資源科)

入学式写真.JPG

  穏やかな春の陽気に新入生の表情もほころんだ

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.