サークルニュース  2013年03月27日 13:56

■ライフセービング全日本学生プール 三井3度目の日本新 菊地200メートル障害を制覇 総合順位は男女共に2位

 全日本学生ライフセービングプール競技選手権が3月2、3日に静岡県富士市の富士水泳場で行われた。

 サーフライフセービングクラブ(田家友也主将=文理・体育2)所属の三井結里花(文理・体育3)が、女子200メートルスーパーライフセーバーで自身の持つ日本記録を約2秒更新する2分35秒94で優勝した。
 三井は序盤、マネキンにレスキューチューブをかける動作で約4秒ロスしたが、得意のスイムで挽回。後続に大差をつけてゴールした。「次は目標の2分30秒を切りたい」と語った。
 菊地光(同4)は、男子200メートル障害物スイムで日本記録に0・30秒と迫る2分03秒24で大会新記録を樹立、3連覇を達成した。100メートルマネキンキャリーウィズフィンも大会新記録で優勝した。菊地は「落ち着いて全てのレースに臨めた」と振り返った。本学は22種目中8種目を制したが、総合では男女共に2位だった。
 
 主な結果は次の通り 

 【男子】 ▽100メートルマネキントウウィズフィン (3)岡田悟(文理・体育4) ▽4×50メートル障害物リレー (1)本学 ▽4×50メートルメドレーリレー (1)本学 ▽特別種目メドレーリレー (1)本学
 
 【女子】▽50メートルマネキンキャリー (2)鈴木聖美(同4) ▽100メートルレスキューメドレー (2)清水友紀(同2) ▽100メートルマネキンキャリーウィズフィン (1)三井 ▽4×50メートル障害物リレー (1)本学 ▽特別種目メドレーリレー (2)本学

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.