スポーツニュース  2013年02月12日 16:07

■ラグビー 全国大学 最終近大戦で勝利も ファイナルS進出ならず

 ラグビーの全国大学選手権セカンドステージは昨年12月23日に終了した。

 本学ハリケーンズは、東海大との第2戦で敗北。福岡市のレベルファイブスタジアムで行われた近大との最終第3戦に29|24で勝利したが、通算1勝2敗でファイナルステージ進出はならなかった。
 前半10分、右ウイング滝水祥太(文理4∥京都成章高)が先制のトライを決め波に乗り、14|7で折り返した。後半は主将の小川高廣(同∥東福岡高)らが3本のトライを決め大量リード。しかし26分にトライ、34分にはペナルティーゴールを決められ、ロスタイムにもトライを許すなど5点差まで迫られた。
 
 小川の話 勝って終わって良かった。アグレッシブな攻撃ができた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.