スポーツニュース  2013年02月12日 16:04

■馬術 全日本学生 全日本学生女子 柿沢、馬場で逆転優勝 高樽は首位と僅差の3位

 馬術の全日本学生選手権と全日本学生女子選手権が昨年12月8、9の両日、東京都世田谷区の馬事公苑で行われた。

 全日本学生女子では柿沢小夜子(生物資源科3=宮城第一高)が優勝、全日本学生では高樽優也(同4=札幌龍谷学園高)が3位入賞を果たした。
 両選手権ともに決勝は障害飛越と馬場馬術を2回ずつ行い、合計点で競った。柿沢は障害飛越で減点12の3位タイと出遅れたが、馬場馬術で2回とも高得点を出し、合計806点を獲得。2位に29・5点の大差で逆転優勝した。
 高樽は障害飛越、馬場馬術ともに3位で合計759・5点を獲得。1位の照井駿介(早大4)に5・5点及ばなかった。
 
 柿沢の話 馬場馬術で逆転できたのは良かったが、全体的にミスが目立った。来シーズンは全ての大会で優勝できるよう練習したい。

馬術2013 1.JPG

      障害を飛越する柿沢

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.