学術ニュース  2013年02月12日 14:32

■本学初の付属小設置 2015年4月開校へ 神奈川県が設置計画承認

 本学初の付属小学校となる日本大学藤沢小学校の学校設置計画が1月4日、神奈川県から承認された。

 2015年4月に神奈川県藤沢市の本学湘南キャンパス内に開校予定で、入学定員は1学年2学級で72人。男女共学で、総定員は432人を予定している。
 教育理念は「自主性と創造性の芽を育む」。本学の教育理念である「自主創造」の基礎を育成することを目指し、中学、高校、大学でその芽を成長させ、自主性と創造性を持った社会人になってほしいという願いを込めた。
 藤沢小学校では「発展的な学習」において1、2年生が週1時間、3年生からは週2時間英語の授業を行う。また湘南キャンパス内にある生物資源科学部の大学教員による生命、環境、食品に関する授業や体験学習を「生活」や「総合的な学習の時間」に行う。パソコンを用いるICT(情報通信技術)教育も1年生の授業から取り入れる。

校舎,体育館完成予想図.jpg

          藤沢小学校の校舎(左)と体育館の完成予想図

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.