スポーツニュース  2012年12月14日 19:03

■相撲 全日本選手権 集大成のアマ横綱 「日大に入って良かった」

 「苦しいことが多かったが、日大に入って良かった」。遠藤はこれまでの学生生活をかみ締めるように話した。

 予選を3戦全勝で突破し、決勝トーナメントの3回戦で昨年のアマ横綱松永六十四(長崎・猶興館高教員)に押し出しで勝利。その後も落ち着いた相撲で決勝に進出した。決勝では東農大の正代を一気に寄り切った。「練習してきた相撲が取れた」。最後の大会で集大成の相撲。最高の笑顔で学生相撲を締めくくった。
 本学からのアマ横綱誕生は3年ぶり。遠藤はことしの国体も制しており、史上2人目となる大相撲の幕下10枚目格付け出し資格を手にした。

相撲2.JPG

      遠藤は国体に続き2冠を達成した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.