スポーツニュース  2012年12月14日 18:50

■柔道 講道館杯 原沢スタミナ生かし栄冠 100キロ超級制す

 柔道の講道館杯が11月10、11日に千葉ポートアリーナで行われ、原沢久喜(法2=山口・早鞆高)が100キロ超級で初優勝した。本学からは、ことし9月の全日本学生体重別選手権でベスト8以上に入った7人が出場した。

 原沢は1回戦から準々決勝までいずれも優勢勝ちを収め、準決勝では内股で一本勝ちした。
 決勝の相手は過去に2度講道館杯を制した百瀬優(旭化成)。互いに攻め手を欠き、延長戦でも決着はつかず、旗判定で原沢の優勝が決まった。

攻めに攻めた○…「自信はなかった」。死力を尽くした末に顔を上げると赤旗が2本挙がっていた。原沢の優勝だった。決定打を欠きながら、終盤も攻め続けたことが勝利につながった。(…続きは本紙11月号へ)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.