学術ニュース  2012年12月14日 17:42

■文理 「わくわく古墳探検」 指定文化財の考古資料展示

 文理学部の企画展「わくわく古墳探検」が12月22日まで同学部資料館で開催されている。

 東京都世田谷区にある帆立貝形古墳「野毛大塚古墳」の出土品など世田谷区教育委員会提供の資料のほか、栃木県小山市にある円墳「足尾塚古墳」から出土した円筒埴輪など学部が所蔵する資料が展示されている。
 野毛大塚古墳の出土品には、東京都指定文化財で5世紀前半のものとみられる三角板革綴衝角付冑(さんかくいたかわとじしょうかくつきかぶと)などが含まれる。フロアには同古墳の竪穴式石室の実寸大の写真を敷き、大きさを実感できる工夫をした。
 資料館の大平知香学芸員は「考古資料を身近に感じ、文化財を後世に伝えていく大切さに気付いてほしい」と話した。

企画展P.JPG

     貴重な資料に見入る来場者

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.