スポーツニュース  2012年12月01日 11:29

■相撲 世界選手権 世界女子選手権 上田女子無差別級制す 遠藤、工藤が団体Vに貢献

 相撲の世界選手権が10月27、28日に香港で行われた。

 本学からは主将の遠藤聖大(経済4=金沢学院東高)と工藤豪人(文理3=青森・木造高)が団体戦(1チーム3人制)に出場、決勝でロシアを破って優勝した。遠藤は個人重量級にも出場し3位だった。
 同時開催の世界女子選手権では上田幸佳(同2=鳥取城北高)が無差別級で初優勝、重量級の谷内明日実(商2=富山商高)は3位だった。上田は準決勝でハンガリーの選手を破り、決勝ではロシアの選手を寄り倒しで下した。

全日本選手権 女子相撲の全日本選手権は10月14日に佐賀県唐津市の文化の森公園相撲場で行われ、無差別級で上田が3連覇を果たした。中量級の岩本幸奈(文理2=熊本・文徳高)と重量級の谷内は2位だった。

押し相撲で勝負 ○…得意の押し相撲がさえた。上田にとっては初の世界タイトルだ。(…続きは本紙11月号へ)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.