スポーツニュース  2012年12月01日 11:15

■体操 全日本団体・種目別 つり輪で長野3位 大技決めて1位と0・2差

 体操の全日本団体・種目別選手権が11月2日から3日まで東京都渋谷区の代々木第一体育館で行われ、種目別のつり輪で長野託也(文理2=鹿児島・れいめい高)が3位に入賞した。

 予選を2位で通過した長野は、決勝でもF難度の大技を決めるなどほぼ完璧な演技。「持てる力を発揮できた」と胸を張った。1位に0・2点差の15・350だった。
 8月の全日本学生選手権後「練習量が足りない」と痛感した長野は、得意のつり輪に重点を置き技術を磨いてきた。
 長野は「4月の全日本選手権に向けていいステップになった」と自信を深めた。

体操2012 11.JPG

  長野は力強い演技を見せた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.