校友・付属校ニュース  2012年11月29日 13:56

■陸上 佐野日大高 日本ユース・走り高跳び 中島が自己タイで制す

 佐野日大高の中島大輔(2)が10月21日、名古屋市の瑞穂公園陸上競技場で行われた陸上の日本ユース選手権の男子走り高跳びで優勝した。

 18歳未満の参加標準記録保持者だけが出場できる大会で、参加標準記録が2メートル01の走り高跳びには17人が参加した。
 中島は1メートル90と95をパスし、1メートル98から試技を始めた。2回失敗したが、3回目に成功した。2メートル01は3回目に、2メートル04は2回目にそれぞれクリアした。自己ベストでもある2メートル07は2回目で成功。この高さでほかに成功した選手がいなかったため、優勝が決まった。大会新記録を狙った2メートル12には3回挑戦したが失敗した。
 
 中島の話 大会新は樹立できなかったがいい経験になった。来年のインターハイでは自己ベスト更新を狙う。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.