総合ニュース  2012年11月22日 21:24

■生産工 創設60周年祝い式典 田中理事長「日本支える人材育成を」

 生産工学部の創設60周年記念式典が10月20日、千葉市内のホテルで行われ、田中英壽理事長、大塚吉兵衛総長、松井勇同学部長ら140人が出席した。

 松井学部長は、時代の変化とともに求められる技術者像も変わると述べ「技術力に加えコミュニケーション能力も養い、グローバルに活躍できる技術者を育成したい」とあいさつした。田中理事長はことし3月に完成した津田沼校舎39号館について「ものづくりと教育の拠点になってほしい。日本再生のキーワードは『技術立国』。日本社会を支える人材を育成することが課せられた使命」と述べた。
 創設60周年記念講演会は11月10日に津田沼校舎であり、本学出身の作家林真理子さん(1976年芸術卒)が「私の仕事から」と題して講演した。
 同学部は52年に工学部に設置された工業経営学科が前身。

生産工60周年 さしかえ.jpg

「時代に合った技術者養成を目指す」と話す松井学部長(中央)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.