スポーツニュース  2012年10月25日 13:16

■射撃 全日本学生 全日本女子学生 男子団体総合2年ぶり王座

 射撃の全日本学生選手権と全日本女子学生選手権が10月11日から14日まで埼玉県長瀞町の長瀞総合射撃場で行われ、本学は男子団体で2年ぶりに総合優勝を果たした。

 昨年、連覇記録更新を阻止された明大に、見事雪辱した。個人では主将の高橋誠(経済4=千葉・茂原樟陽高)が50メートルライフル伏射で、船雅斗(経済3=石川・金沢辰巳丘高)が10メートルエア・ライフルでそれぞれ優勝した。女子の個人は湯浅菜月(経済2=徳島・小松島高)が10メートルエア・ライフルで優勝。同団体は3位。
 男子団体の最終成績は、10メートルエア・ライフル(180発、満点1800点)1752点、50メートルライフル伏射(180発、満点1800点)1746点、50メートルライフル3姿勢(伏射120発、立射120発、膝<しっ>射120発、満点3600点)3373点の計6871点。2位明大に40点の大差をつけた。
 女子団体は10メートルエア・ライフル(120発、満点1200点)1156点、50メートルライフル3姿勢(伏射60発、立射60発、膝〈しっ〉射60発、満点1800点)1684点の計2840点。首位中大とは15点差だった。

集中切らさず

 ○…昨年、明大に9連覇を阻まれた。追う立場となって臨んだ今大会を「挑戦者として攻めにいった」と高橋は振り返った。(…続きは本紙10月号へ)

射撃・全日本学生.JPG

               主将の高橋は個人でも優勝

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.